ツクールMVのスクリプトでアイテム選択の処理を行う方法
RPGツクールVXAce & MVスクリプトwikiとプラグイン

ツクールMVのスクリプトでアイテム選択の処理を行う方法 > MVスクリプトwiki

トップページ > ツクールMVスクリプトリファレンスwikiトップページ > アイテム選択の処理

アイテム選択の処理 / ツクールMVスクリプトリファレンスwiki

ツクールMVでアイテム選択の処理をスクリプトで行うなら以下の通りです。


$gameMessage.setItemChoice(代入する変数,アイテムタイプ)

アイテムタイプは以下のように対応しています。

1:通常アイテム

2:大事なもの

3:隠しアイテムA

4:隠しアイテムB


サンプルコード(変数1に隠しアイテムAのアイテムIDを代入)

$gameMessage.setItemChoice(1,3)


コード解説


シンプルなコードです。

メソッド内部では実際の処理に使用される変数に、入力したパラメータを代入しています。

隠しアイテムという概念をイベントコマンドに実装したことでアイテム選択の処理はスクリプトで行う場面がこれから多くなっていきそうです。

アイテムのIDを変数に代入して、条件分岐で処理を決める、というアイテム選択を処理のキーとして使うことが出てくるわけですからね。

これまでもそういった使い方をしている方はいたのでしょうが、デフォルトでそのための機能が実装されたことによってその傾向がこれから多くなっていくでしょう。

具体的な使い方は公式サイト様にて紹介されています。


テレポートの作成と、イベントやデータベースの新機能

 

ツクールMVスクリプトリファレンスwikiトップページへ戻る




オリジナルシステムなどの製作依頼・相談があればプラグイン・マップ等個別製作依頼のページまでお願いします。


もしこのwikiが役に立ったと感じていただけましたらwiki製作に関してご支援のご案内をご一読いただけましたら幸いです。


支援者限定プラグイン紹介ページでは手間のかかったシステムを紹介しています。ご興味あればご覧ください。



表示変更

任意の色に変えるときはテキストボックスをクリックしてカラーピッカーで決め、変更ボタンを押してください



文字色変更





コード色変更





コード背景色変更





背景色変更